浮気の現場に出会った。

僕を苦しめている昔の思い出

僕は今の彼女対して絶大な信頼を持っています。それは今の彼女だけ特別という訳ではなく、これまで付き合ってきた女性に対して同じように信頼を持ってきました。それほど数は多くないですけれども。

 

それは僕が、付き合う以上は結婚までを常に考えているからです。今の彼女は僕のその考えをよく理解してくれる女性で、とても上手くいっていると信じています。

 

しかしそう信じていても、心の隅っこで不安が拭えないでいるのが真実です。過去の苦い思い出が、100%安心するなと警告しているのです。

 

大学生の頃、僕はある女性と付き合っていました。付き合い始めた切欠は僕が好きになって告白したからでした。彼女は僕の気持ちを受け止めてくれて、大学1年から3年までの約2年半の間一緒に過ごしました。

 

彼女は僕がはじめて結婚を意識した女性でもあり、それまでの人生の中で最も特別な人となっていました。ですが、彼女の浮気が理由で関係は崩れてしまい、僕の心にも大きな傷を残すことになってしまいまいました。

 

その苦い思い出のせいで、僕は今の彼女に対しても必要以上に心配してしまうことが度々あり、浮気をしているのではないかと気にしてしまいます。それを快く思っていない彼女の気持ちも分かっています。

 

「心配しすぎだよ! 本当に何も無いから!」

 

僕は彼女の不審な行動を知るたびに、さりげなく問いただそうとしてしまいます。

 

「それは信じてるけど……」

 

「信じてるなら余計な詮索しないでよ! 私にだって付き合いってあるんだよっ? 職場の人と打ち合わせで出かけなくちゃいけなかったり」

 

僕が問いただせばいつも口論に。それほどお互い熱くはなりませんが、いつかそれがエスカレートして彼女に愛想を尽かされたらどうしようかという不安もまた、僕の心を苦しめてしまいます。

 

「なんでそんなに心配するの?」

 

口論の最後にそう聞かれるたびに「愛してるからだよ」と気持ちを伝えてきましたが、それもいつか通用しない日が来るのかもしれません。

 

僕は今の彼女を失いたくありません。そのためには、僕がどうして必要以上に彼女の浮気を心配してしまうのかを今の彼女に伝えるべきだと判断しました。

 

僕の前の彼女の話なんて、絶対聞きたくないだろうと思って胸にしまっておこうと考えてました。ですからこれまで秘密にしていた過去の辛い浮気をされたことによる失恋話を、思い切って彼女に話し、僕の心配する気持ちを理解してもらおうと……。


 
FX業者選びのポイント