彼の部屋に怪しい証拠を残す元カノ

彼の部屋に怪しい証拠を残す元カノ

このモヤモヤした気持ちをどこにぶつけようと1週間近く悩んだ挙句、こういうことは直接本人に気持ちを吐き出すしかないと思いました。
嫉妬ではなく、素直に彼の家に元カノが来ていることに不安を覚えてしまったという事実を伝えようと思いました。

 

彼にそのモヤモヤを話してみると、屈託のない笑顔で「バッカだなあ。浮気してたら写真なんか見せるわけないだろ?」と言われました。
「それもそうよね…。やっぱり私は考え過ぎなんだわ」と思うようにしました。

 

ところが、私の不安は的中してしまったようです。
彼が「コンビニまで行ってくる」と買い物に行った時、部屋に妙なものを発見してしまいました。
どう考えても彼のものではないある物が、ベッドの下にそっと置かれていたのです。
それは隠してあったというよりも置いたという感じでした。

 

ある物とは、女性用の下着でした。
それも下のみでした。
裸にでもならなければ、下着を脱ぐなんてことはありませんよね?
しかも、それはしっかりと畳まれていたので、女性がわざわざそのように仕組んだとしか思えませんでした。
気持ちが悪いので触りませんでしたが、彼が帰って来てから「あれは何?」と聞いてみました。
彼はすっとぼけて「なんでここにパンツがあるんだ?誰かが脱いで置いてったのかな?」と言い出しました。
この狭い部屋で飲み会をしていて、誰かが下着を脱いだとしたらすぐに分かりますよね?
しかも、男性が脱ぐならまだしも、女性が脱いで置いて帰るなんて考えられません。
その日ははぐらかされて終わってしまいました。

 

この事件は、後日も起きました。
一度それを知ってしまった彼は、念入りに掃除をしたのでしょうね。
ベッドの下には何もありませんでした。
驚いたことに、調理器具がしまっている場所にまた下着が畳んで置かれていました。
彼はほとんど調理をしないので、そこを触るのは私だけです。
私の目に付くようにわざと置いたとしか思えません。
これは絶対に浮気をしていると思いました。
しかも、私に嫉妬心を抱いている女性ですから、元カノしか有り得ないと思いました。

 

彼に「元カノと浮気してるでしょう?」とズバリ聞いてみたら、急に怒り出しました。
でも、下着を見せたら何も言えなくなってしまったのです。
「浮気って言うか、ただのセフレだよ。愛しているのはお前だけだ」と開き直りました。
そういうのを浮気と言うんですよね?
これほどの侮辱はないと思いました。
私はもう、恋愛なんてしたくありません。


 
FX業者選びのポイント