帰宅時間の変化は不倫の始まり

帰宅時間の変化は不倫の始まり

私は割と早くに結婚しました。
ハタチで結婚をして、2人で働きながら生活をしてきました。
22歳の時に妊娠が分かり、それ以降は専業主婦をやりながら3人の子どもを育てていました。
いい生活が出来ている訳ではありませんが、旦那の収入と私のパート代で少しだけ余裕が出来るくらいの暮らしが出来ていたのです。
平坦な道のりではありませんでしたが、それなりに家庭円満な平凡家族だったと思います。

 

結婚10年目には、いつも記念日など忘れる旦那が「結婚する前からこれだけはあげたかった」とスイートテンダイヤモンドをプレゼントしてくれました。
指輪は家事に邪魔だろうからと、わざわざネックレスの方を選んでくれたのです。
10年も経つと、好きとか幸せという気持ちはありません。
愛情を確かめる手立てもなくなっており、平穏な日常がその証なのかなと思っていました。
突然のプレゼントに「私って幸せなんだな」と再認識しました。
しかし、その結婚10年目で暗黒時代へと突入していきました。

 

旦那は結婚当初から帰宅が遅い方でした。
日付けが変わる前に帰ってくるのは稀だったので、少しでも早く帰ってくると「何かあった?」と驚いてしまうくらいでした。
普通の家庭では、旦那さんの帰りが急に遅くなったら行動を怪しむと言いますよね?
でも、我が家は正反対でした。
日付けが変わる前に帰るとしても、大体夜の10時過ぎくらいが多かった旦那が、10年を境に8時台や9時台に帰宅するようになりました。
6時台に帰ってくることもあったので、旦那に何かが起こっていると疑いました。

 

「会社、危ないの?」と聞いていいのか分からないことをとりあえず聞いてみました。
特に危機はないとのことでしたが、昇進したことによって部下に仕事を振り分けられるようになったという理由で早く帰ってきていることが判明しました。
でも、今まで上司が早く帰っているという話を聞いたことがありません。
旦那が昇進したことで、いきなり体質が変わるとは考えられませんでした。

 

部下に仕事を振り分けるようになったという割には、家に仕事を持ち帰ることが多くなりました。
妻としてはこちらの方が迷惑です。
仕事と家庭は出来るだけ切り離してもらいたいなと思っていたので。
それをクドクドと言うと、「そうだよな。ご飯食べたら近くのカフェで仕事してくるわ」とパソコンを持って出掛けるようになりました。


 
FX業者選びのポイント